!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> フィリピン セブ ダイビングショップ・スクール ブルーコーラル (BLUE CORAL)

Diving Area Guide

"ALONA" アロナビーチ

ハードコーラルの群生と垂直ドロップオフ。アロナビーチ、ここはヨーロピアンのリゾートとして有名で、ダイビング雑誌はもとより、旅行雑誌にも名を連ねている、リゾート前のポイントです。
真っ白なホワイトサンドビーチで、、南国気分を十分に味わえる、そんなポイントです。


ALONA BEACH FRONT

ビーチからボートで3分、すぐ目の前のポイント。
エントリーすると、5mの所の真っ白な砂地に降りる。そこには既に様々なカラーの珊瑚が群生している。5mの砂地で、自分のテリトリーを守ろうとしている、ホワイトダムゼルを必ず見ることが出来ます。行動はまるで、ハマクマノミの様相であるが、白地にピンクとクロの柄があり、かなり可愛いのです。珊瑚を見ながら、ドロップオフを降りていくと、途中で、イナズマヤッコ、アヤコショウダイを見ることが出来ます。そのまま、緩やかなスロープを下ると、、ニシキアナゴ、ヒレナガネジリンボー地帯へと突入。ヒレナガネジリンボーは10匹以上居て、じっくり見ておくとランドールズ・ビストルシュリンプも見ることが出来ます。そのまま流していくと、ヒメユリハゼ、ハタタテハゼ、スミレナガハナダイの雌、などを見ることが出来ます。ここでも、ツバメウオが群を成しており、カメラ派ダイバーにも被写体には困りません。時々、バラクーダの群、ヨコシマサワラ,イソマグロなども走り、一発の可能性も高い、そんなポイント。とにかく、、ショウガ珊瑚の群生は素晴らしいと思います。一面珊瑚がびっしりで、これぞ、珊瑚という様相。その中には、ニシキテグリもいるのですが、、見れるかどうかは別問題、、 ベストシーズンは12月から6月、、6月から11月までは波が高くなると入れなくなる事もあります。